トップページ >ルアー> ヒラメをショア(陸)から釣るためのルアーその1

ヒラメをショア(陸)から釣るためのルアーその1

ヒラメを陸から釣るためのルアーは数多くありますが、このサイトでは、
私が実際に実績を上げたルアーを、フィールドの条件と共に、
紹介をしています。

私がヒラメを陸から釣るために使用をするルアーの基本は、
以前に、このサイトでお話をしましたので、参考にしてみて下さい。

ヒラメをサーフ(砂浜)から釣るためのルアー

今日紹介をする、ヒラメを陸から釣るためのルアーは、
スカジットデザインズから出ている、

スライドベイトヘビーワン フェザーフック仕様です。

スライドベイト ヘビーワンフェザーフック仕様
icon
スライドベイトヘビーワンの特徴は、「飛距離」を稼げることと、
「幅広い水深」を探ることができることです。

水面直下のナブラ打ちによる青物にも効果を発揮するので、
ヒラメ以外の魚、シーバス、イナダなどにも、
使用をすることができるルアーであることは、
スライドベイトヘビーワンの「基本仕様」をご覧になるとわかります。

ルアーの重さ20グラムの場合の潜行深度は、
水面直下から80センチくらいということですが、
実は、操作方法によって、もっと深い場所まで探ることが可能です。

下記のヒラメは水深約5メートル前後のフィールドにおいて、
スライドベイトヘビーワン(フェザーフック仕様)で、
キャッチをした54センチのヒラメです。

ヒラメ

水深があるフィールドで、スライドベイトヘビーワンを使用する際には、
フルキャストしたスライドベイトヘビーワンを一旦、
ボトムまで沈ませます。

シンキングペンシルタイプのスライドベイトヘビーワンは、
リーリングをしなければ、ボトムまで落下をし、
落下をしている途中でも、フェザーフックによるアピールで魚を誘います。
このフェザーフックは、個人的には結構気に入っているフックです。

ボトムまで沈ませたスライドベイトヘビーワンを、
ゆっくり、ボトムを這うように、リーリングしてくると、
水深5メートルくらいの、フィールドでも、
充分効果を発揮することができます。

そして、もちろん、遠浅のサーフにおいては、水深が無くなる、
波打ち際まで、リーリングをすることが可能なので、波打ち際に潜む、
ヒラメに効果を発揮することができるルアーとなります。

飛距離が出て幅広い水深を探ることができる、
スライドベイトヘビーワン。
ルアーボックスに入れておきたいルアーの1つです。

スライドベイト ヘビーワンフェザーフック仕様
icon
(スライドベイトヘビーワンには、ノーマルフックタイプもあるので、
購入する際には、フェザーフック仕様がお奨めです。)