トップページ >ポイント> ヒラメをサーフで狙う際のレンジ(深さ)

ヒラメをサーフで狙う際のレンジ(深さ)

ヒラメに限ることなく、魚を釣るためには、魚がいると思われる、
レンジ(深さ)にルアー(餌)を泳がさなければいけません。

レンジのことをタナとも言いますが、レンジもタナも、
深さのことをさしています。

魚は、水深があるほど、泳ぐレンジが変わってきます。
ヒラメに関しては基本的には、ボトム(一番下のレンジ)に着いていますので、
ヒラメをサーフで狙う場合は、ルアーをできるだけ、ボトム、スレスレに、
泳がしていくのがポイントになります。

フィールドによって異なりますが、サーフからルアーがとどく、
範囲の水深はおよそ、2m前後、波うち際になりますと、
水深30cm以下となります。

ヒラメをサーフで釣る場合の、レンジは、ボトムから、
50cm以上を離さないようにルアーを泳がしていくイメージです。

活性が高いヒラメであれば、ボトムから2mくらいまでは、
バイト(ルアーをめがけてアタック)してきますが、
ヒラメをサーフから狙う際のレンジの基本は、ボトムから50cm以上離さず、
ルアーを泳がせることです。

ヒラメにとっても、2m飛びつくより、50cm飛びつくほうが、
餌を捕るのに楽ですからね。