トップページ >ポイント> ヒラメをサーフ(砂浜)で釣る際のルール

ヒラメをサーフ(砂浜)で釣る際のルール

ヒラメをサーフで釣る際の「ルール」と言うと、聞こえが悪いというか、
釣りをするのに、規則があるのか?というイメージですが、
私が言いたいのは、規則という堅苦しいことではなくて、
アングラーであるのならマナーを大事にしましょうよ。
ということを、言いたいのです。

多くのアングラーは「挨拶」をしますが、ごくまれに、
ポイントに割り込んできて場を荒らして、ラインまで絡めて、
釣りの邪魔をするアングラーがいますでしょ?

せっかくの楽しい釣りが、一部のアングラーのために、
楽しくなくなってしまうのですよね。

こうゆう悪質なアングラーに会うと、反面教師にしようと感じます。
釣りを楽しむためにも、最低限のマナーは守っていきたいですね。

ルールの面では、1つ、お話をしておきます。
ヒラメをサーフで釣る場合のルールは、小さなヒラメ(30cm以下)は、
リリースをしましょう。というルールがサーフによって暗黙のルールに、
なっています。

リリースをするヒラメの大きさは30cm以下のサーフがあれば、
40cm以下というサーフもあります。
実際には、30cm以下をキープしても罰せられるわけではないので、
リリースサイズはアングラーの心持しだいになりますが、
大きなヒラメ(60cm以上)を釣るには、小さなヒラメは、
リリースをしましょう。(笑)