トップページ >ポイント> ショックリーダーの結び方

ショックリーダーの結び方

ヒラメをサーフ(砂浜)で狙う以外に、シーバスなど、
ルアーで魚を狙う際には、ラインシステムとして、
メインライン(PEライン)とショックリーダーを組み合わせる(結ぶ)、
必要があります。

PEラインとショックリーダーの結び方には、
いくつかの結び方がありますが、重要なことは、
様々な現場で時間をかけずに、結ぶことができて、
なおかつ、強度のあるラインシステムを作ることです。

どんなに、強度があっても、ラインシステムを作るのに、
時間がかかってしまっては、時合いを逃してしまいます。

反対に、簡単にできるラインシステムであっても、
強度がなければ、ヒットした魚を逃してしまいますし、
ルアーのロストにもつながってしまいます。

では、
様々な現場で対応ができて、強度のある、
ラインシステムは、どのような結び方なのでしょうか?

私が実際に現場で活用をして、80cm以上のシーバスや、
巨大なエイをかけても、陸上げできた、ラインシステムの、
作り方を紹介します。

PEラインとショックリーダーの結び方