トップページ >リール> バックラッシュの軽減方法

バックラッシュの軽減方法

ヒラメをサーフで狙う以外に、シーバス釣りに関しても、
同じことが言えますが、ルアーで魚を狙う際には、
バックラッシュを起こすと、時合いを逃しますし、
まともに、釣りができなくなりますよね。

近年、道具の進化によって、バックラッシュは軽減されていますが、
いくら道具が進化をしていても、バックラッシュの原因を作るのは、
実は、アングラー自身なのです。

因みに、バックラッシュとは、
メインラインが放出時に、絡まってしまうことです。

ほとんどの場合、
バックラッシュを起こしたラインは、切断をしないと、
解除ができません。

メインラインにPEラインを使用することが多くなった、
ルアー釣りでは、飛距離を出しやすくなった分、
ラインのウェイトが軽いPEラインでは、
バックラッシュが、起こりやすいと言えます。

バックラッシュは、
ラインの放出時に起こるのですが、
バックラッシュの原因は、ラインを巻き取る時に、
作っています。

特に、軽いルアーを使用する際に、テンションを緩めて、
ラインを巻いてしまうと、次にラインを放出する際、
たるみができたラインは、放出スピードに追いつけないため、
バックラッシュを起こします。

バックラッシュの原因は、
ラインを緩く巻いてしまうことにあります。

ラインを巻き替えた時も、
テンションをかけずに、緩くラインを巻いてしまうと、
ラインにたるみができるので、バックラッシュを起こします。

バックラッシュを軽減するには、
ラインにテンションをかけて巻き、
ラインに「たるみ」を作らないようにすることです。

バックラッシュはアングラーの意識で、かなり軽減できるので、
是非、注意をしてみて下さい。