トップページ > ロッド

ロッド

ディアルーナの特徴と性能

ヒラメをサーフ(砂浜)から釣る際のロッドについて、
どんなロッドを使用するのが良いのか?迷っていませんか?

私がヒラメをサーフで釣った経験からお話をしますと、
ヒラメをサーフで狙う際のロッドは、正直、アングラーの好みで、
良いと思います。

サーフはご存知の通り、周辺に橋げたや柵などの障害物はなく、広いので、
ロッドは、短くても長くても、どちらでも、使用をすることができます。

ですので、ヒラメをサーフで狙う際には、あなたが使用をしたい、
ルアーの重さに対応をしているロッドであれば、どんなロッドでも、
問題なくヒラメをサーフから狙うことができます。

ただし、ロッドの性能という部分を考えた時に、
やはり、それなりの飛距離が出て、
対応をしているルアーの重さの幅が広く、
軽くて、コストパフォーマンスが良いロッドになります。

ロッドにいろいろこだわりを持つと、費用がそれなりに、
なってしまうのですが、

私が感じるのは、4万円も5万円もするロッドが、「良い」ロッドとは、
限らないと言うことです。

確かに、高い費用を掛ければ、それなりのロッドが手に入ります。
しかし、高いロッドと釣果は比例しないと思いますし、
ロッドに費用を掛けてしまったばっかりに、釣行費が無くなり、
自由に釣りができなくなっては、本末転倒です。

そこで、参考までに、私が実際に使用をしてお奨めをするロッドは、
ディアルーナの1006Mです。

ディアルーナの特徴と性能は、一言でいうと、
コストパフォーマンスが良く、サーフのヒラメはもちろん、
シーバスを釣るのにも、とても扱いやすいロッドです。

ディアルーナの具体的な特徴と性能は、
シーバス釣り初心者入門講座というサイトで紹介をしていましたので、
ご覧下さい。

シーバス釣り初心者入門講座|シーバスロッドならこの1本だ!!
因みに、シーバス釣り入門講座で紹介をしている、ディアルーナについては、
ディアルーナは、シーバス釣り専用ロッドという感覚で、
紹介をしていますが、ディアルーナはヒラメをサーフから狙う際でも、
充分対応ができるロッドですので安心してください。

ヒラメをサーフ(砂浜)から釣るためのロッドの選び方

ヒラメをサーフ(砂浜)から釣るためのロッドについて、
お話をしますと、改めて、ヒラメをサーフから釣るための、
専用ロッドというのは、必要ありません。というか、
私の知る限りでは、サーフヒラメ専用ロッド、
というのはありません。

ヒラメをサーフで狙っているアングラーのほとんどが、
シーバス用のロッドを使用しているでしょう。

サーフの状態をイメージしてくださると、
わかりやすいのですが、広大なサーフでは、
周辺に障害物がなく、ほとんどの場合、
ロッドを思い切り振り切れるので、ロッドの長さは、
長くても短くても問題ありません。

重要なのは、「バランス」です。

ヒラメをサーフで釣るために必要なルアーを考えた時に、
対応できるルアーの重さの幅が広いロッドを選択すると、
いろいろな重さのルアーを使うことができるので、
「攻め方の幅」が広がります。

ロッドには、適応ルアーウェイトがあり、硬さがあります。
ロッドが硬ければ、
そこそこ重たいルアーを使用することができますが、
ロッドの設計(メーカー)によって、
同じ硬さであっても適応ルアーウェイトが違ってきます。

参考までに、
私がサーフでヒラメを狙う際に使用をするロッドの設計は、
硬さが(M)、ルアーウェイトが8から42グラムの、
10.6フィート(3m20cm)と、
硬さが(ML)、ルアーウェイトが7から35グラム、
9.2フィート(2m80cm)のロッドです。

私が使用をしているロッドの具体的なメーカーやロッド名は、
後ほどこのサイトで、インプレッションをしていきますが、
サーフでヒラメを狙う際のロッド選択として、
ロッドには、「硬さと適応ルアーウェイト」があるということを、
憶えておいてください。