トップページ >フィッシングツール> 冬の釣りに求められるグローブの性能

冬の釣りに求められるグローブの性能

冬の釣りは、「防寒対策がすべて」と、
言ってもよいくらい、しっかりと、
防寒対策をしないと、寒さで釣りになりません。

私に言われることでもなく、
すでに、防寒対策を行っていると、
思いますが、グローブはどんな、
グローブをしていますか?

まさか、真冬に、3カットのグローブで、
頑張っている、なんて言いませんよね?

真冬に、指を出していると、
感覚が麻痺しませんか?

私は、麻痺しました。

そして、フルカバータイプのグローブを、
使ったのですが、最初に使用をしたグローブは、
暖かいのですが、キャスト時、
ラインによってやぶれてしまいました。

2度目に使用したグローブも、同じように、
キャスト時、ラインによって、
やぶれてしまいました。

そこで、いろいろと探した後、
やっと見つけた、グローブが、
オシア・クロロプレンオフショアグローブです。

シマノ(SHIMANO) オシア クロロプレンオフショアグローブ GL-202J ブラック サイズL
このグローブの特徴は、レビューでもわかりますが、
個人的には、デザインと耐久性が気に入っています。

ラインが触れる指には、コーティングが施されています。

シマノ(SHIMANO) オシア クロロプレンオフショアグローブ GL-202J ブラック サイズL
フルカバータイプのグローブになりますので、
操作性はどうしても、落ちますが、
ルアー交換は、グローブをしたままでも、
かろうじて、できます。

もちろん、防寒もできますので、
安心してキャストに集中することができますよ。