トップページ >フィッシングツール> サーフでヒラメを狙う際に使用をするpeラインのメンテナンス方法

サーフでヒラメを狙う際に使用をするpeラインのメンテナンス方法

サーフでのルアーゲームは、
他のルアーゲームにある、
「根掛り」という概念が、
ほぼありませんので、
(まれに、沈み根や海草などのゴミにかかります)
安心して、ボトムをとれますし、
根掛りを気にして、ルアーを選択する必要は、
ほぼ、ないでしょう。

しかし、
サーフならではの、
自然物質に気をつけなければいけません。

サーフならでの自然物質とは?

「砂」です!!

砂は、時として、タックルを破壊する、
難敵になります。

そして、砂は、知らず知らずのうちに、
ラインやルアーのフックを消耗させていきます。

砂の小さな粒子が、ラインに擦れて、
ラインブレイクを起こす原因になります。

フックに至っては、フックの穂先が、
丸くなってしまい、刺さりが悪くなります。

砂の問題はサーフでゲームをする限り、
避けることのできない問題ですので、
対応をすることが賢明でしょう。

そこで、ラインにおいては、
コーティング剤を使用して、
少しでもラインの劣化を防ぐことです。

PEにシュッ!(ノンガスタイプ)【コーティング剤】
icon

フックにおいては、
小さな鉄ヤスリ常備しておくと、
便利です。

サファイヤヤスリ
icon

サーフでゲームをする場合は、
ラインとフックの状況は、
こまめにチェックを
することが大切です。