トップページ >フィッシングツール> サーフのヒラメとpeラインの種類

サーフのヒラメとpeラインの種類

サーフでのヒラメゲームは、
シーバスゲームと並び、
ルアーアングラーの中では、
メジャーなゲームとして、
確率をされていますよね。

近年、道具の進化によって、
陸からでも、大物が獲れるようになり、
ヒラメは「沖の魚」というイメージから、
サーフゲームのメジャーターゲットとして、
人気の魚となりました。
食べておいしい魚ですしね。

80cmを超えるヒラメ(座布団)まで、
サーフから獲ることができるので、
シーズンになると、メジャーポイントには、
各地から、アングラーが集まってきます。

しかしながら、大物ヒラメと出会うには、
そう簡単ではなく(釣りは自然相手ですからね)
フィールドの条件と時季、そして、
魚を掛けた後、
安心してファイトをすることができる、
タックルバランスが必要です。

タックルバランスの中でも、
今日は「ライン」についてお話します。

ルアーゲームのメインラインとして、
定着をしている「peライン」ですが、
その種類は大きく分けると、
「4本編み」と「8本編み」に、
分けることができます。

それぞれのpeラインの強度は、
さほど、変わらないですが、
硬さや耐久性、感度が変わってきます。

このアタリのお話(硬さや耐久性、感度について)は、
またの機会にしますが、さしあたり、価格がお手頃で、
比較的、使いやすいpeラインとして、
お奨めをする、peラインが、
「ラパラ ラピノヴァ」です。

ラパラ ラピノヴァ

ラパラ ラピノヴァ
icon


ラパラ ラピノヴァで、
peラインの操作が馴れてきましたら、
やはり、お奨めなのが、
「シーバスPE パワーゲーム」です。

硬さや耐久性、感度について、
申し分が無いラインです。

シーバスPE パワーゲーム

シーバスPE パワーゲーム
icon

サーフでのゲームでは、1.2号あれば安心して、
ファイトをすることができます。

1号でも、充分です。