トップページ >フィッシングツール> サーフのヒラメを狙う際のpeラインとリーダーのバランス

サーフのヒラメを狙う際のpeラインとリーダーのバランス

サーフのヒラメを狙う際、
peラインとリーダーのバランスは、
どの号数にすることが、
最適なのでしょうか?

サーフでは、思いもしなかった、
大物がかかる可能性があります。

ヒラメのサイズは、
ご存知だと思いますが、
座布団級と言われているヒラメは、
80cmを超えます。

サーフでの回遊魚は、
ワラサやブリクラス、
ヒラマサまでもが、
ターゲットとして、
狙える状況です。

こうした大物が掛かった時にでも、
勝負ができるラインシステムを、
組んでおきたいのがサーフです。

また、サーフでは、
砂によってラインが傷みます。

細いラインを使用すると、
砂でラインが傷んだ際に、
あっという間に、
ラインブレイクしてしまいます。

そこで、
サーフでヒラメを狙う際に、
最適なラインシステムの紹介ですが、
安心してキャストをすることができる、
ラインシステムは、pe1.2号、
リーダー25ポンドでしょう。

サーフのスタンダードな、
ラインシステムは、
pe1号とリーダー20ポンドでしょう。

ラインは、メーカーによって多少、
使いやすさが違ってくるので、
いくつかのラインを試してみて下さい。

参考までに、
私が使用をしてきたラインの中でも、
もっとも使いやすい、
ラインを紹介致します。

シーバスPE パワーゲーム
icon

レビューをご覧になっていただくと、
よくわかりますが、
とても信頼できる、
ラインの1つです。